婚活・お見合いバス.comのトップページ > 観光地紹介とパワースポット紹介 > 山形エリア編

バスでいく!おすすめの観光地のご紹介
山形エリア編

山形と言えば、『はえぬき』のお米やぺそら漬けなど、美味しいご飯が沢山豊富にそろっています。 人の顔の形状をしている山形県ですが、山の多い地形を生かした観光スポットや名産品もたくさん。自然な大地から頂けるパワースポットを浴びて男子力・女子力を高めてみましょう。

加茂水族館

世界一のクラゲ展示量が多い水族館『加茂水族館』。 クラネタリウム内には常に30から40種類のクラゲを展示しており、そのクラゲのサイズはルーペで確認しなくてはいけないほど小さいクラゲから大きなサイズのクラゲまで幅広く観賞することが可能です。通常では見る事が難しいクラゲの餌づけや食べ方、体の特徴など、時間によって貴重な体験を見ることが出来ます。そのほかにも、山形県にある庄内で実際に海の中にいる海水魚や淡水魚も観賞出来、地方から来られる方にもためになる水族館です。

住所:山形県鶴岡市今泉大久保656
TEL:0235-33-3036
アクセス:鶴岡駅から加茂経由湯野浜温泉方面バス加茂水族館下車まで約30分
鳥海ブルーライン

目の前には鳥海山、左右の視界には日本海の大パノラマが広がり癒しの空間となっています。 春夏秋冬と季節毎に違った表情を見せてくれる景色は訪れる人々を飽きさせません。無人小屋(有料)や神鹿公園、また展望台もあり何度訪れても楽しめます。一部で冬季閉鎖期間もありますが、春や夏になるとツーリングを楽しまれる方も多く、観光客にも地元の方々にも人気のスポットです。

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字小野曽
TEL:0234-72-3311
アクセス:JR羽越本線吹浦駅からタクシーで約30分
蔵王樹氷

山形の特別な気象条件により、「アイスモンスター(氷の怪物)」と呼ばれるほど大きな世界最大級の樹氷です。冬になると自然の芸術品を見に日本からも世界からも訪れる方が多い人気の観光スポット。1月下旬あたりから雪が解けてなくなる3月上旬まで樹氷を観賞することが可能ですが、春夏秋には森の紅葉で咲き乱れていますのでさまざまな四季の表情を楽しめます。

住所:山形県山形市蔵王温泉229-3
TEL:023-647-2266
アクセス:JR「山形駅」からバス「蔵王温泉バスターミナル」まで約40分
本間美術館

「芸術・自然・歴史の融合」をキャッチフレーズに「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でも評価された本館と別館からなる本間美術館。2012年より認定された国の文化財を主に、毎月様々な展示品を飾っています。一番の魅力は200年前からある庭園です。また、絵付け教室やミュージアムグッズなどお土産品も販売しているので、本間美術館の楽しさは目で見るだけではありません。

住所:山形県酒田市御成町7-7
TEL:0234-24-4311
アクセス:酒田駅より徒歩約5分

山形エリア・周辺パワースポットめぐり

●若松寺

島根県の出雲大社に並び称される、東国随一の縁結びの寺。 奈良時代の開祖で、本尊は観音様。数年前、偶然に手を握った女性が良縁に恵まれて以来、話題沸騰中の「“恋”のラッキーハンド」。ただ握手をするだけでなく、住所や年齢、氏名などを紙に書き、しっかりと念じてくれます。参拝の際は必ず事前の予約で、住職と握手を体験してみましょう。


住所:山形県天童市山元2205-1
TEL:023-653-4138
アクセス:JR天童駅より車で約15分
●出羽三山神社

月山・羽黒山・湯殿山の三つの山からなる神社。 三つの山それぞれに神社があり、表玄関とも言える出羽三山神社(羽黒山)は山形一のパワースポットと言われています。急な山道が多くありますが、頂上には国宝の五重塔を見る事が出来ます。他にも月山と湯殿山は車で約10分ほどの距離で行けるため、是非足を運んで見てほしい場所です。

住所:山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
TEL:0235-62-2355
アクセス:バス『羽黒山頂』より徒歩約5分
●上杉神社

名前に上杉とある通り、上杉謙信を祀っている神社。 日本でも数少ない国管理の神社であり、ボランティアガイドによる案内もあります。当時、上杉謙信が戦争での勝利を祈願した神社でもあり、成功祈願の御利益があるとパワースポットの中では特に人気が高く、多くの方が訪れている場所でもあります。米沢藩内でも崇敬されていた上杉謙信の像や、上杉謙信の命日である4月になると米沢市眠参加型の上杉まつりが開催されています。

住所:山形県米沢市丸の内1丁目4-13
TEL:0238-22-3189
アクセス:JR米沢駅西口を出て、右側タクシー乗り場より約5分
●立石寺(通称 山寺)

境内52万坪の広さで、立石寺登山口に向かう道のりの中には1015段の階段があり、階段を登り参拝を行います。『奥の細道』でも名が知られている俳人松尾芭蕉も訪れたというこの地は、生前『閑さや岩にしみ入る蝉の声』との名句を残しています。 山と崖が隣接する立石寺付近は、どの角度から見ても壮観なパノラマを体験出来ます。

住所:山形県山形市山寺4495-1
TEL:023-695-2816
アクセス:JR仙山線山寺駅より立石寺登山口まで徒歩約7分