婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報 > 福岡編

お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報

お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報 福岡編

博多・大宰府編

博多ラーメン

博多ラーメン

福岡といえば、博多ラーメン!旨みたっぷりの白濁豚骨スープに、コシのある細麺が特徴です。
すぐにのびてしまうので「カタ麺」で注文するのがオススメです。このように麺の硬さを注文したり、替え玉ができるのが博多ラーメンの特色となっています。
今や、博多ラーメンのお店は全国的に進出していますが、是非、本場の味を博多でお召し上がり下さい。

一風堂 総本店http://www.ippudo.com/index.html
住所 〒810-0041
福岡県福岡市中央区代大名1-13-14
TEL 092-771-0880 定休日 年末年始
アクセス  -  営業時間 月~木 11:00~23:00
金・祝前 11:00~24:00
土 10:30~24:00
日・祝 10:30~23:00

もつ鍋

もつ鍋

もつ鍋は、牛または豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」)を主材料とする鍋料理です。
福岡県福岡市近辺の郷土料理として始まり、福岡では一年中楽しめる鍋料理となっています。
醤油や味噌が香るニンニクの効いたスープに、コラーゲンたっぷりのプルプルの“もつ”で、お肌もプルプルに?!

万作屋
住所 〒812-0012
福岡市博多区博多駅中央街5-11
日本食堂新博多ビル1階
TEL 092-411-0603 定休日 日祝日
アクセス 博多駅よりすぐ、駐車場なし 営業時間 16:30~(O.S.)22:00

辛子明太子

辛子明太子

福岡の食みやげの定番である辛子明太子。スケソウダラの卵を唐辛子に漬け込んだ珍味です。
多くの製造元があり、住民は自分のお気に入りの味を持っています。コクのある旨みとピリッとしまる辛みが特徴で、お酒の肴からごはんの友、パスタやピザにも大活躍の逸品となっています。
博多土産のお菓子の味付けにも使用されており、まさに博多の代表食材といえるでしょう。

ふくやhttp://www.fukuya.com/
住所 〒810-8629
福岡市博多区中洲2-6-10
TEL 0120-86-2981 定休日  - 
アクセス  -  営業時間 平日8:00~24:00
日祭日9:00~19:00

梅が枝餅

菅原の道真が太宰府配流になった際、太政官の命令で役人達は、道真に食事を与えることをしませんでした。
そんな悲惨な暮らしぶりを見かねた近所に住む老婆が、餅を梅の枝にさして差し上げたという伝説が残っています。
太宰府天満宮の参道には門前町がつくられ、この伝説を基にした梅ヶ枝餅が名物になりました。
生地はもち米とうるち米で中に小豆餡を入れて焼き上げた素朴な味、焼きたては皮がパリッとして絶妙な味です。

かさの家(かさのや)http://www.kasanoya.com/
住所 〒818-0117
太宰府市宰府2-7-24
TEL 092-922-1010 定休日 無休
アクセス 西鉄大宰府駅から徒歩4分 営業時間 9:00~18:00

水炊き

水炊き

その名の通り骨ごとぶつ切りした鶏肉を水から煮込み、野菜を入れてポン酢でいただく鍋料理です。
明治時代に林田平三郎が西洋のコンソメと中華のスープを日本風にアレンジできないか、と試行錯誤の末にたどり着いたのが「博多水炊き」だといわれています。
鍋を食した後のスープでつくる「雑炊(おじや)」は絶品です。素麺を入れる「地獄炊き」という裏メニューもあるそうです。

博多水たき発祥の店 水月http://www.suigetsu.co.jp/
住所 〒810-0014
福岡市中央区平尾3-16-14
TEL 092-531-0031 定休日 月曜日・年末年始
アクセス 西鉄平尾駅から徒歩8分 営業時間 17:00~22:00(O.S.20:30)

小倉・門司編

門司港焼きカレー

門司港焼きカレー

明治から昭和にかけて海外貿易の拠点として栄えた門司港のあたりには多くの洋食屋が軒を連ねていました。
昭和30年代に喫茶店の主人が余ったカレーにチーズや卵をのせて焼いたのが始まりといわれています。
香ばしくて美味しいと評判となり、ご当地メニューとして広がりました。お土産用にレトルトパッケージのものも人気です。

BEAR FRUITS(ベアーフルーツ)
住所 〒801-0841
北九州市門司区西海岸1-4-7
門司センタービル1F
TEL 093-321-3729 定休日 年中無休
アクセス 門司港駅から徒歩1分 営業時間 11:00~23:00

堅パン

堅パン

「元気の素はアゴから」「健康はアゴから」がキャッチコピーのその名の通りの堅い乾パンのような保存食です。
北九州中心に発売されている「堅パン(かたぱん)はなんと製鉄所が発祥だそうです。当時の製鉄所に働く人の栄養補助食品として作られたといわれています。
味はどことなくなつかしい、甘さ控えめで美味しいですが、くれぐれも歯が折れないように食べ方に注意が必要です!?

株式会社スピナ 商業レジャー部
住所 〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野2-11-1
TEL 093-681-7350 定休日  - 
購入方法 北九州の西鉄ストア、駅キオスク、空港売店、インターネットショップなどで販売 営業時間  - 

筑豊地区編

田川ホルモン鍋

炭鉱の町として栄えた田川発祥のB-1グルメホルモン焼。
その歴史は古く50年以上前、1人の炭鉱夫が鍋の代わりに紙(セメント袋)を七輪にのせてホルモンを焼いて食べたのが始まりとされています。
栄養価が高く、何より安い、美味いホルモンはあっという間に炭鉱労働者の間で人気メニューに、そして今ではB-1グランプリで上位入賞するなどまさに九州のソウルフードとなったのです。

酒庵(しゅあん)
住所 〒827-0004
田川郡川崎町田原1692-2
TEL 0947-72-3385 定休日 水曜日
アクセス 池尻駅から徒歩15分 営業時間 17:30~24:00

ひよこ

ひよこ

東京銘菓のひよこですが生まれは福岡は筑豊飯塚、今から100年前のことです。炭鉱で重労働の仕事に就いている人達に甘い物が好まれました。
なぜひよこだったのか、それは当時、2代目店主の夢に出てきたからなのだそう。
また、なぜ東京銘菓になったのか、それは当時3代目店主が東京オリンピックをきっかけに日本一のお菓子を目指して東京進出したのです。東北などの新幹線の開通とともに「東京土産」として全国へその名が広まっていきました。

ひよこ本舗吉野堂
住所 〒820-0021
福岡県飯塚市潤野1284番地
(飯塚総合工場)
TEL 092-541-8211 定休日  - 
購入方法 九州県内の駅キオスク、空港売店、スーパー、デパート等のほか通信販売も可能 営業時間  -