婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報 > 熊本編

お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報

お見合いバス.comがオススメするご当地プチッとグルメ情報 熊本編

熊本市内編

馬刺し

馬刺し

熊本名物といって最初に頭に浮かぶのは「馬刺し」ではないでしょうか。高タンパク、低カロリー、クセもなくあっさりした味わいは女性にも大人気。一口に『馬刺し』といっても、本場熊本では「霜降り馬刺」「赤身馬刺」「レバー刺」「コーネ刺」「心臓刺」「タン刺」など馬肉の部位によって様々な『馬刺し』が味わえます。
「霜降り」は肩ロースの部分が多く使用され最高級のにぎりなどにも使われます。反対に「赤身」はさっぱりとした味わいが楽しめます。「レバー」はゴマ油入りのタレでいただくことが多いそう。
たてがみの生え際の部分を「コーネ」といい、ゼラチンとコラーゲンがたっぷりです。桜肉とも呼ばれる馬肉ですが刺身のほかにも、鍋物や洋食メニューなどたくさんの馬肉料理が楽しめます。熊本を代表する郷土グルメです。

馬肉料理 菅乃屋 上通店http://service.suganoya.com/info-kamidori.php
住所 〒860-0846
熊本市中央区城東町2−12
ライオンパーキングビル2階
TEL 096-355-3558 定休日 年末年始
アクセス 熊本市電 通町筋電停 徒歩5分 営業時間 月~日 
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 16:30~22:30(L.O.22:00)

辛子蓮根

辛子蓮根

熊本の名物のひとつで今ではポピュラーな『からし蓮根』ですが、明治以前は「門外不出」だったのをご存知でしょうか。
今から350年前、初代藩主細川公は病弱のため食が進まず、心配した玄宅和尚が「藩主に何か栄養のあるものを」と和漢の書から栄養価が高く造血作用のある蓮根を見つけました。
最初は「泥の中で育った不浄なもの」と口にしなかった細川公、味噌と和辛子を混ぜたものを蓮根の穴に詰め、衣を付けて油で揚げた料理にして出したところ、その味と切り口が細川家の家紋、九曜の紋に似ていたことより「からし蓮根」をたいそう気に入り、以来お殿様の専用食となったそうです。今では一般人でもその美味しさを楽しむことができます。

元祖 森からし蓮根元祖 森からし蓮根
住所 〒860-0004
熊本県熊本市新町2-12-32
TEL 096-351-0001 定休日 年末年始
アクセス 熊本市電3号線「新町」から徒歩約2分 営業時間 9:00~17:00

熊本ラーメン

熊本ラーメン

熊本ラーメンの味のルーツは1軒の久留米ラーメンの店と言われています。
とはいえ、お店によってその味は様々。特色はなんといっても「にんにく」。
揚げたり、焦がしたり、味もあっさりタイプ、こってりコクのあるタイプなど・・・。豚骨スープにコシのある中太のストレート麺、一度食べると病みつきになると言われる「熊本ラーメン」今や多くのメディアにも紹介され、芸能人までも虜にする、熊本県内はもとより、県外までファン層を拡大している「全国区」のラーメンなのです。

桂花ラーメン総本店http://keika-raumen.co.jp
住所 〒860-0806
熊本市中央区花畑町11-9
K-1ビル
TEL 096-325-9609 定休日 元日
アクセス 熊本市電「熊本城前」下車、徒歩5分 営業時間 月~木 11:00~24:00
金・土 11:00~翌2:00
日 11:00~20:00

太平燕(タイピーエン)

太平燕(タイピーエン)

「タイピーエン」は「太平燕」と漢字で書きます。そのルーツは100年ほど前、九州に福建華僑が渡って来たときに福建省の家庭料理に創作を加え作られた食べ物であると言われています。
揚げたゆで卵は燕の巣、春雨はフカヒレに見立てられており、何かの祝い事の際に集まって太平燕を作ったのが始まりとされています。 県外の方にはあまり馴染みがないですが、熊本ではすっかり定着し、学校給食にも登場する熊本のソウルフードとなっています。

中華園
住所 〒860-0805
熊本県熊本市中央区桜町3−22
くまもと阪神8F
TEL 096-355-2650 定休日 不定休
アクセス 熊本市電「辛島」下車徒歩5分 営業時間 11:00 ~ 21:00(20:30 ラストオーダー)

いきなり団子

いきなり団子

熊本の方言で「いきなり」とは、「簡単、手軽」や「すぐに」などの意味があります。
いきなり団子の名前の由来は、突然お客さまが来てもすぐに作ってもてなせる、という意味と熊本の名産であるさつまいもを生のまま輪切りにし、いきなり生地に包んで蒸す「簡単に作れる団子」という意味があると言われています。昔ながらの素朴な味わいの郷土菓子です。
昔の「いきなり団子」は、さつまいもを団子生地で包み蒸し上げた簡単なものでしたが、現在の「いきなり団子」はあんがが入っているものに変化、最近は生地に黒糖やよもぎが混ぜてあるものや、さつまいもにこだわったものなどさまざまなバリエーションがあります。お土産やお取り寄せ商品としても人気があります。

いきなりやわたなべhttp://www.ikinariyawatanabe.com
住所 〒860-0863
熊本市中央区坪井4-3-42
TEL 096-346-0606 定休日 年中無休
アクセス 熊本市電「熊本城・市役所前」下車徒歩5分 営業時間 8:00~13:30

阿蘇地方編

だご汁

だご汁

熊本の家庭料理に「だご汁」があります。熊本の方言で「だんご」は「だご」と言います。
だご汁はゴボウやニンジン、里いもなどの野菜や豚肉を入れて煮込んで味噌で味付けし、仕上げにこねた「だご」を手でちぎって入れます。
朝から晩まで農作業が忙しい、農家の人たちが、素早く簡単に調理ができて、さらに自家製野菜などを入れ、最後にだごを入れることで栄養バランスも腹もちもよい、とまさに一石二鳥の料理なのです。

山賊旅路
住所 〒869-2225
熊本県阿蘇市黒川2127
TEL 0967-34-2011 定休日 毎週水曜日
アクセス JR豊肥本線 阿蘇駅より徒歩約10分 営業時間 10:00~19:30

乳製品・加工食品

乳製品・加工食品

阿蘇の大自然が育んだ乳牛は健康そのもの。
その牛からとれる新鮮な牛乳はもちろん、その牛乳を使用したこだわりのソフトクリームやアイスクリーム、チーズなどの乳製品はどれも濃厚な味わいで大変人気があります。
阿蘇産の牛や豚も有名でウインナーやフランクフルトなどの加工食品もお土産として人気があります。そのほかには熊本ならではの馬肉を使った燻製などもあります。
阿蘇の景色を楽しむだけでなく、食べる目的でわざわざ遠方から訪れる人も多いのだとか。

大観峰茶店http://www.asodaikanbou.com
住所 〒869-2313
熊本県阿蘇市山田2090-8
TEL 0967-32-3856 定休日 不定休
購入方法 熊本ICから90分 営業時間 8:00~17:00

天草地区編

タコ料理

タコ料理

有明町は日本一の「タコの町」と言われています。
それは有明海の出口付近で有明海に流れ込んだ栄養たっぷりの河川水の影響で海藻が豊富でエサとなる貝類やカニなどが多いため、良質なタコがたくさん獲れるのです。有明町の新しい名物タコ料理はラジオ番組の企画から生まれた「タコ丼」です。
種類も様々で『タコ天丼』『酢ダコ丼』『タコチリ丼』などの味が楽しめます。

道の駅 有明リップルランドhttp://www.rippleland.com
住所 〒861-7311
熊本県天草市有明町上津浦1955番地
TEL 0969-53-1565 定休日 年中無休
アクセス 熊本市から車で1時間40分 営業時間 9:00~18:00

シモンうどん

シモンうどん

シモン芋は白いサツマイモで他の野菜に比べて天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが多く含まれ、繊維質が豊富です。
1972年に原産地のブラジルより持ちこまれました。
温暖な気候をいかし、試行錯誤の結果、倉岳町での自然農法による栽培に成功しました。
うどんのほかお茶やドレッシング、アイスクリームなど様々な食品に加工されています。

えびす茶屋http://www.dandl.co.jp/kuratake/ebisu.html
住所 〒861-6403
熊本県天草市倉岳町宮田1284-8
TEL 0969-64-2405 定休日 無休
購入方法 JR三角駅からバス40分 営業時間 9:00~18:00