婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > 選ばれる男性になる!

選ばれる男性になる!

婚活に成功する男性、モテる男性とはどんなタイプの男性でしょう?見た目がカッコイイことや、高収入などが思い浮かんだ方もいらっしゃると思いますが、本当に女性が求めているのは、そういった外面の良さではありません。不安定な時勢だからこそ、結婚に安らぎや安定を求めているのです。選ばれる男性というのは、心のゆとりや余裕を感じられる男性。今からでも始められるモテる男性のポイントをご紹介します。
モテること=気付いて褒めること

「髪、切ったんだね」「いつもとメイク違うね」など、女性にとって変化を褒められることは嬉しいものです。
女性は婚活の場に参加する際にも美容室へ行ったり、ネイルをしたりと、細かい部分にまで気を使っています。バスツアーやお見合い・婚活の場では初対面ですから、日頃との違いに気付くのは難しいですが、『お洒落な髪型だな』『可愛いネイルだな』と気付くことがあると思います。その分、お相手をいやらしい目線ではなく、しっかり観察している必要があります。
気付いたことを、さりげなく褒めてあげることで、褒められた女性は、きちんと見て貰えていたことに喜びを感じ、お相手への好感度が高まります。誰でも褒められると悪い気はしないものです。

外面より内面を磨く

お見合いや合コンなど出会いの場に参加する際、身だしなみに関することをお伝えしましたが、これはお相手への配慮や基本的なマナーであって、自身をより良く見せるものではありません。顔立ちが良く、高身長であっても性格に問題があれば、選ばれることはないのです。アイドルでも、様々な顔立ちで歌が得意な方もいれば、司会やトークが上手い方、踊りが得意な方もいます。それが個性なのであって重要なのは、お相手を思いやる気持ちです。
街を歩くカップルが様々なように、何かが秀でているからモテるというわけではありません。色々な方を観察すると、容姿端麗でなくとも、何か人気の秘密があるはずです。自分磨きとは何をして良いか分からない方もいらっしゃると思いますが、まずは真似でも良いので、人から好印象に思われる要素を取り入れてみることも1つのステップアップに繋がります。

モテ男になるために・・・

すぐにでも始められるモテポイントをご紹介します。
自身に合う・合わないがありますので、実践出来そうなものを参考にして下さい。

リード・エスコートが上手い

例えば、彼女の好きなデートコースを考える、飲食店では彼女を奥に座らせる、歩くペースを合わせるなど、些細なことではありますが、このような気遣いがあるかないかで一緒に過ごす安心度合いが違ってきます。女性にとっては、日頃の優しい振る舞いが、『大事に思ってくれている』という安心感へ繋がるのです。
交際を続けていくとだんだん新鮮さが失われてくるものですが、このような安心感を与え続けることが、「一生大事にして貰える」という信頼へと変化していくのです。

周囲への気配りや思いやり

女性がいつかはしたいと思い描く夢が「結婚」です。
結婚は、本人同士だけの問題ではなく、家と家との結びつきです。周りの方への気配りや態度を見ることで、自分の親や兄弟とも上手に付き合っていける方なのか女性はしっかり見ているものです。普段から、場を和ませることや、困っている方へ優しい言葉をかけてあげることが自然に出来ると一気に好感度が上がります。

行動力がある

「将来、こうなりたい」と口先ばかりで夢を語って何もしない方は、説得力に欠けます。
夢に向かって資格を習得することや寝る間も惜しんで勉強している方こそ、将来性を感じるものなのです。交際の段階でも、いつか結婚しようと言っているだけで何もしない方より、毎月着実に結婚資金を貯めている方の方が、信頼出来ます。思い描いているだけで、なかなか行動に移せない方が多い中で、しっかり考えて実行できる男性は、周りからの信頼も厚く、女性からも男らしさや頼りがいを感じられることが多いです。

マメに連絡をくれる

頻繁に会えない時こそ、メールや電話など連絡をマメに取ることが重要です。
女性は、会話をすることでストレスを解消し、気にかけてもらいたい、かまって欲しいという願望が強いので、何か出来事がなくても連絡を取り、お相手の会話を聞いてあげることが必要です。何かお相手のスケジュールを覚えていて、「どうだった?」と尋ね誕生日などを覚えている男性は、好感が持てます。

女の子扱いが上手い

最近は、肉食系女子など気の強い女性も増えているようですが、体型や体力も男性より劣る女性は心のどこかで女の子扱いして貰いたい気持ちがあります。ドアを開けてあげる、重い荷物を持ってあげる、力仕事を率先してやってあげるなど、なんでも女の子優先の考え方が出来る男性は、気利く方だと好感度もアップします。
いきなり、気配りが出来るようになるのは難しいですが、まずは目の前の女性が、何をしたら喜んでくれるか?疲れていないか?などお相手を思いやることからスタートしましょう。