婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > 婚活ツアー失敗体験から学ぶこと(男性向け)

婚活ツアー失敗体験から学ぶこと(男性向け)

婚活ツアー失敗体験体験から学ぶ 婚活ツアーでカップル成立したいなら、やはり婚活失敗体験者の体験談を知っておきしょう!どのような流れで、どのようなアプローチ方法で、婚活ツアーを失敗体験に導けたのでしょうか。ここでは男性の失敗体験体験をまとめてみました。

参加者の体験談 Mさん/28歳/男性

婚活バスツアーには二回目の参加になります。
前回は一人で参加したのですが、人見知りを発揮してしまいあまり女性とお話を楽しむ余裕もなく終わってしまったので、今回はぼっちにならないようにと、友人を誘って男二人で参加しました。
「うまくいってダブルデートのようにならないかな」なんて思っていたのですが、やっぱり他人任せではダメですね。この日はツレには彼女ができて、自分はできないという何とも無残な結果に終わってしまいました。
次回は一人で参加して、もっと積極的に会話を楽しもうと思います。

スタッフのコメント

婚活お見合いバスツアーは通常のお見合いパーティーよりも異性との距離が近く、話す時間が長いことが特徴として挙げられます。お話上手な方やコミュニケーションをとるのが得意な方にとってはこちらはメリットですが、シャイな方にはちょっと気負いしてしまうポイントかもしれません。
なるべく最初の自己紹介の時に緊張をほぐして、リラックスしておしゃべりできそうなお相手を見つけておきましょう。
または、自分が喋る方ではなく、聞き上手になるというのも一つの方法です。
お隣の席になった異性とどれだけコミュニケーションがとれるかによって勝率は大きく変わってきますよ。

参加者の体験談 Kさん/28歳/男性

婚活バスツアーには初めて参加しました。
友人が婚活バスツアーで彼女をゲットしたという話を聞き、自分もという気持ちで参加しましたが、今となってはバスツアーについてもっと詳しく話を聞いておけばよかったという気持ちが強いです。
結論から言うと自分は大失敗でした。
思い出すのも恥ずかしいのですが、前日の夜バスツアーに期待しすぎて眠れなかったこともあり集合場所にはギリギリの到着。プロフィールカードもろくに書けず、走ってきたせいで汗だくのボロボロ…。最悪な状態での自己紹介でした(笑)
まぁこれを挽回できれば良かったのですが、あろうことかバスで隣の座席になった女の子があまり話してくれなかったこともあり、前日の睡眠不足もあって、爆睡してしまいました。
しかもいびきまでかいて…。
一体自分は何しに来たのだという感じです。
案の定カップルになれるはずもなく、初参加はとんだ笑い話になってしまいました。

スタッフのコメント

あらら…期待する気持ちはわかりますが、前日はしっかり寝て、当日の集合には遅れないように余裕をもって参加することが成功への第一歩ですよ。
特に初参加の方は最初でつまづいてしまうと後々まで引きずってしまいがちです。
確認しすぎるぐらい確認して、時間にも自分にも余裕をもって参加してくださいね。
失敗して恥ずかしい気持ちをバネに、次は素敵な思い出とお相手をゲットして楽しんで頂けることを願っております。