婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > 女性に好感持たれるマナーや配慮(男性向け)

女性に好感持たれるマナーや配慮(男性向け)

女性に好感持たれるマナーや配慮(男性向け)

笑顔は基本のキ

笑顔は基本のキ

人は出会ってから5秒程度でお相手の印象を決定付けると言われています。
ですから婚活において笑顔でお相手と接することは最低限のマナー。最初の印象は最後まで残るものです。
お相手から好感を持たれるためにも、笑顔を忘れずに。

バス旅行ならではの楽しみを生かそう

お見合いバスでは、車窓がどんどん変化したり、SAやPAで名産品に出会えたりと、小旅行気分に浸ることができます。これは一般の婚活パーティーでは決して味わえないこと。
いきなり「ご趣味は?」「お仕事は?」などと聞かずに、車窓を眺めながら話をしたり、名産品について聞いてみたり、バス旅行ならではの楽しみ方ができるように配慮しましょう。

気分が悪いようなら、休ませてあげて

普段は乗物に酔わない方でも、初対面の方と話して緊張したり、プロフィールカードの字を読んだりしているうちに、気分が悪くなる方もいます。
お相手が辛そうな表情をしたら察し、「ご気分がすぐれませんか?気にせずに休んでください」などと声をかけて、そっとしておいてあげるのがマナーです。

お相手の話をきちんと聞こう

婚活において、お相手の話をきちんと聞くのはとても大切。特にお相手が女性の場合、男性よりも「話を聞いてほしい」「共感してほしい」と言う気持ちが強いため、適度に相槌を打ちながら聞いてあげましょう。
女性は男性との会話に丁寧な対応を求めます。「要はこういうことでしょ・・・」といきなり結論付けて会話を終わらせてしまうのはマナー違反と考えましょう。

年齢や参加理由は聞かない

女性にとって、年齢や参加理由はとてもプライベートなこと。プロフィールカードに年齢を「30代」などとぼかして書く女性もいるので、あまり詳しく問いたださないように配慮しましょう。
また、参加理由も人それぞれ。中にはとても魅力的で、本当に彼氏がいないのかな?と疑いたくなる女性もいます。でも「あなたのような方がなぜ婚活を?」「本当はモテるんじゃないですか?」など、デリカシーのない質問はマナー違反です。

気に入ったお相手には積極的にアプローチ

近年増殖の一途をたどる草食系男子に反し、微増している肉食系女子。ですが、まだまだ日本の女性は、はじらいやしおらしさを美徳と考える方が大半です。
恋愛においても基本的に「告白待ち体質」。ですから気に入った女性には自分から積極的にアプローチしましょう。女性からのアプローチを待っている煮え切らない男性には魅力を感じません。狙っている男性がいても、他の男性から積極的にアプローチされれば、コロっと心変わりするのが女と性いうものです。

婚活・お見合いバスツアー攻略