婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > 年代別アプローチ方法 30代編(女性向け)

年代別アプローチ方法 30代編(女性向け)

年代別アプローチ方法 30代編(女性向け)

もっと早く婚活していればよかった・・・

申し上げにくいことですが、婚活業界では30代女性は20代女性より圧倒的に不利です。30代女性はまずこの現実の壁にぶち当たります。
20代の頃は、いずれ彼氏ができるだろう、結婚できるだろう、と軽く考えていたかもしれません。30代に突入した今、「なんでもっと早く婚活を始めなかったんだろう」と後悔の念に駆られていることでしょう。
でも年齢は過去に戻せません。30代は30代なりの婚活方法があります。「独身でもいいかなぁ」「チャンスがあったらでいいや」という甘い考えは捨て、真剣に婚活と向き合いましょう。

年齢と共に理想が高くなっていない?

30代女性にとって婚活の敵はたくさんありますが、その一つとして挙げられるのがプライド。「この年齢まで待ったのだから、変な人とは一緒になれない」というプライドが理想を高くしてしまっています。
一般的に、年齢が上がったら理想は下げろと言われます。自分の中でお相手に対して本当に譲れない条件は何でしょうか?まずはメモに書き出してみましょう。一つ一つを吟味し、本当に譲れないかどうか改めて考え、条件を絞っていくことをおすすめします。
また、この際お相手の年齢は気にしないこと。年下の男性はもちろんですが、一回り程度年齢が上の男性も視野に入れましょう。

「待つ」のではなく自分から「攻める」

「待つ」のではなく自分から「攻める」

「きっと誰かが話しかけてくれる」「きっと誰かが見つけてくれる」このような妄想は捨てましょう。20代の若くてきれいな女性ならあるかもしれませんが、現実はそうはいきません。
気になった男性には積極的に話しかけてみること、これにつきます。狙いを絞った一人だけにではなく、もう少し幅を広げ、色々な方と話をしてみましょう。プロフィールカード越しの会話では分からなかったお相手の魅力に気付くことがあるかもしれません。
フリートークでは少しずつその方の人柄や人格が見えてきます。お相手も同じ。最初は分からなかったあなたの魅力に気付いてくれているかもしれません。

婚活に期限を設けてみる

婚活中の方がなかなか結婚にたどり着かずに、婚活地獄に陥っている原因は多々あります。原因の一つに、まあまあ良い方と出会っても「婚活を続けていればもっといい人が現れるかもしれない」という理由で、お断りしてしまうことがあります。
結果、婚活を続けることになるのですが、せっかく出会った「まあまあ良い方」よりも「もっと良い方」が現れることはまずありません。お断りしてしまったことを後悔してもすでに手遅れ。
こうならないひとつの方法として、婚活に期限を設ける方法があります。例えば「婚活はこのバスツアーから1年間」と決め、集中的に出会いの機会を増やします。その中で「まあいいかな」と思った方を信じること。だらだらと婚活を続けて年齢を重ねるよりも現実的な方法です。

婚活中の禁句を心得よう

婚活中の禁句といわれる言葉をご存知ですか?それは、「いい人がいない」と「どうせ私なんて」。
「いい人がいない」は、売れ残った時に自分を正当化する言葉。「どうせ私なんて」は自分の人間力を下げている言葉です。
このようなネガティブワードを口にしていると、せっかくのチャンスも逃げてしまいます。常にポジティブな気持ちで婚活に臨みましょう。