婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > 失敗しても諦めない!あとから挽回できるバスツアー(女性向け)

失敗しても諦めない!あとから挽回できるバスツアー(女性向け)

失敗しても諦めない!あとから挽回できるバスツアー(女性向け)

婚活バスツアーは固定された会場で行われるパーティーと違い、観光バスツアーに参加しながら婚活もできてしまうという、双方のいいところ取りをした企画です。
素敵な人を見つけてアプローチしたけれども、なんだか空回り・・・。でも大丈夫。失敗しても後から挽回できます。

車に酔ってしまった、けど挽回

車に酔ってしまった、けど挽回

普段乗り物に酔わない方でもお見合いバスツアーでは酔ってしまう方は多いです。普段と違う雰囲気のため緊張してしまうことが大きいですが、最大の理由は、プロフィールカードの字を読みながら会話をしていたら酔ってしまった、というケース。
お相手は気分が悪そうなあなたを見たら話しかけるのをためらってしまいますし、「休んでいてください」と言われるかもしれません。
こんな時は後半に挽回しましょう。フリータイムなどの時に声をかけ「実は本命だったから緊張してしまった」など、お相手に好意があることをそれとなく伝えてみましょう。このように伝えればお相手もあなたに良い印象を持ってくれるかもしれません。

SA・PA、フリータイムであまり話しかけられなかった、けど挽回

SA・PAやフリータイムで本命の男性のところに行っても、積極的な女性が取り巻いていてなかなか話しかけられず・・・。やっと話せたと思ったら時間切れ。これもよくあることです。
でも挽回はできます。アプローチカードのメッセージに「一番人気でしたね。ライバルが多くて話しかけられなかったので・・・」など、お相手が魅力的であることを表現する内容を盛り込んでみましょう。
あなたのアプローチに応えてくれるかもしれません。

質問攻めにしたり、自分語りに終始してしまった、けど挽回

一番気に入ったお相手が隣の席にきたら誰でもうれしいものです。お相手のことを知りたいがあまり、質問攻めにしていませんか?また自分のことを知ってほしくて「私は、私は・・・」と自分のことばかり話していませんか?・・・これらもよくあることです。
会話のキャッチボールが成り立たず、せっかくお相手が話そうとしていたのをさえぎっていたかもしれません。
でも挽回OK。フリータイムなどの時に、「本命の方が隣にきてくれたので、うれしくて自分が話してばかりになってしまって・・・」と素直に伝えましょう。そして「あなたのことがもっと知りたいので、後日会ってくれませんか?」と連絡先を交換したいことを伝えましょう。
「この女性はかなり脈あり?」と意識してくれるかもしれません。

相手のスペックが良かっただけで近づいてしまった、けど挽回

女性は、その男性のスペックを重視する傾向があります。名の通った企業に勤めていて年収も高くビジュアルもそこそこ・・・。そんな男性は、最初は注目の的です。
そこでありがちなのが、「スペックが高かったので話しかけてみたらタイプではなかった」というケース。でも自分から話しかけたのだから、大人の対応を心がけなければいけません。
このようなケースの場合、ある程度会話が収束したら、お礼の気持ちを少し大げさに表現しその場を立ち去りましょう。できれば他の男性のところに行き、「興味の対象はあなたではなく他の男性に変わった」ということを行動で示してもOKです。

結論:挽回しよう!という気持ちが大切

恋愛に失敗はつきものです。たった1回の婚活バスツアーで王子様と出会えるなんて、そんな簡単にいくことばかりではありません。
お相手とは知り合ったばかりですし、しかもバスツアーというある意味閉鎖的な空間でのできごと。失敗はあって当たり前と思いましょう。
そして、挽回しよう、いい恋を見つけよう、とポジティブな気持ちを持ち続けることが大切です。

婚活・お見合いバスツアー攻略