婚活・お見合いバス.comのトップページ > 婚活・お見合いバスツアー攻略 > プロフィールカードのNGポイント

プロフィールカードのNGポイント

お見合い・婚活バスツアーだけに関わらず、自身のアピールを十分に出すためにとても重要なプロフィールカード。次は記入をする際のNGポイントです。お相手に不快な印象を与えないプロフィールカードを書きましょう。
読みづらい文章・汚い字はマイナスポイント

綺麗な字でなくともかまいませんが、字は性格が出てしまう部分でもあります。
そのため汚い字だと「せっかちな方なのかな?」「部屋は綺麗にしているのだろうか?」など連想させてしまいます。丁寧にゆっくりと書くだけでも見やすくなり、ポイントアップになります。また小さすぎる字や、女性で多い癖のある字は男性からすると読みにくくなります。
最近はペンや筆で書く習字など、お稽古事で習う方もたくさんいますので綺麗な字を書く方も増えてきました。読みにくいと思われないためにも堂々とはっきり丁寧に書くといいでしょう。

ウソやサバを読むのは絶対NG

年齢詐称や職業詐称、また自分を大きく見せるために年収をサバ読んだりする方がいます。
しかしいずれはバレてしまうもの。それならば正々堂々と書いておきましょう。嘘がバレてしまうと、お相手に不信感を与え、せっかく築きあげた信頼も失ってしまいます。等身大の自分で接する事を心掛けましょう。年齢を書きたくないという方は、○○代など少し年齢を濁しておくのもよいでしょう。濁して書くことで、ある程度の情報はお相手の伝える事は可能です。上手にアピールをしましょう。
また、男性であれば兄弟はいるのか、何番目なのか気になり、女性であれば消費癖や得意な趣味など気になる疑問点がそれぞれにあると思います。お相手が求めていそうな疑問点を、まずはあなたからお話してあげると伺いにくい内容も情報を共有することが出来ます。
お互いにお高くとまらず、謙虚に話しやすい雰囲気を作る事はとても大切です。

条件を書き過ぎない

好きなタイプの欄に、年収は「〇〇〇円から」や「結婚したら専業主婦になってくれる人」など条件を絞りすぎると見つかるお相手も範囲を狭めてしまい出会いが遠のきます。文面だけを見ると、「自分は条件にもあてはまらないし、きっと無理だろう・・・」とそこで興味を失ってしまいます。
どうしても外せないポイントだけにし、あとは条件を絞り過ぎないようにしたほうが様々な方との出会いが増えます。今、必要だと思っている条件が、お相手や時と場合によってはなくなってしまうこともよくあります。誰一人として完璧な方はいませんので、せっかくの出会いを条件によって狭めてしまわないようにしましょう。
また、どうしても外せない場合は、ストレートに聞くのではなく、『どんなお仕事をされているのですか?』からはじまり、そこから徐々に発展させていく会話の方が角もたたず、自然に年収についても伺う事が出来ます。伝え方ひとつで捉え方も変わるように、徐々に聞きたい内容に近づけていく気持ちでゆっくりと段階を踏んで伺いましょう。あなたが言われて嫌な気持ちになってしまう言葉を言わないよう、まずは心掛けてみましょう。

空欄は作らない

お見合い・婚活バスツアーですので、バスでの会話や移動中がもっとも仲良くなるきっかけです。
ふとした時に「〇〇さんは〇〇が好きでしたよね?」とプロフィールカードに書いていた事を聞かれたりします。お相手の興味を持つものですと、その後も共通の話題で盛り上がる事もよくあります。
ただ、プロフィールカードに空欄をたくさん作ってしまうと、あなたの印象も薄くなってしまいます。それに空欄が多いことであなたの情報が良く伝わってこないこともあり、『特別に興味があることも少ないのでは』と勘繰られることもありますので、お相手を心配させないためにも空白欄は作らないよう努力しましょう。
また、前回空欄を作ってしまったのであれば、今後の自分への課題としてその項目に関わる習い事などに挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

通常行われている着席型の婚活パーティーとは異なり、行動している時間が長いお見合い・婚活バスツアー。
たくさん会話を引き出すためにも、プロフィールカードは特に重要です。その日を素敵な1日にするために、日頃から自分について知っておく事が大事です。プロフィールカードを書いていく内に「そういえば、私はこんな事が好きだったな」など頭を整理出来ることや新たな発見があるでしょう。

ただし、ネガティブな記入やネガティブ発言は控えておきましょう。
お相手がどう感じ取るのかわかりませんが、マイナスな会話は聞く方も疲れてしまう事が多いです。
お相手が返答に困ってしまうような内容は避けましょう。特に女性は、謙虚さから自分を否定してしまうことがあるので、少しオーバーでもポジティブにプロフィールカードを書くことを心掛けて下さい。
自己満足で終わるだけでなく、お相手の目線に立って書く事を考え、尚且つ好感を持ってもらえるようにしましょう。プロフィールカードを上手く活用し、様々なお相手からたくさんの共通点を探して運命の方を見つけるチャンスにかえましょう。