婚活・お見合いバス.comのトップページ > 好感の持てるプロフィールカードの書き方

好感の持てるプロフィールカードの書き方

婚活中ではあなたの必要な情報をお相手に教えることが出来るプロフィールカード。上手な書き方を知ることによって、印象も変わってきます。
プロフィールカードとは

お見合い・婚活バスツアーに参加すると、最初にお相手と交換するのが、このプロフィールカードとなります。主な記載内容として、氏名・年齢・住所・家族構成・身長・星座・血液型・職業・年収・勤務地・休日の過ごし方・好きなタイプ・禁煙・喫煙・飲酒具合・自分の性格・結婚歴・趣味・デートで行きたい場所など数項目あります。
無理に細かく書く必要はありませんが、自分を知って貰うカードとなりますのでなるべく読みやすく興味を持たれるような書き方がいいでしょう。婚活バスツアーだけでなく、各種イベントやパーティーでもプロフィールカードを交換することがありますのであらかじめ考えておくとスムーズに書くことが出来ます。

プロフィールカードの重要性

あなたの第一印象がこのプロフィールカードで決まってしまうと言ってもいいでしょう。
ですから、プロフィールカードの重要性はとても高いのです。初対面のお相手に自分の情報を知って貰うためのものなので、わかりやすく丁寧に記入しましょう。趣味やご興味がある物などは特に重要です。お互いの情報を詳しく知るために、少しでもご興味があるものがあれば記入していきましょう。

記入をする時間は余裕を持って

お見合い・婚活バスツアーで受付を済ませた後にプロフィールカードを渡されます。
記入はバスツアーが始まるまでに済ませます。なので、開始ギリギリに到着してしまうとバスツアーが始まってしまい、慌てた文字で羅列してしまうこととなります。少し時間に余裕を持ち、ゆっくりと落ち着いて記入出来るようにしましょう。丁寧に大きく書くと誠実な方だなと見受けられます。

どのようなことを書く?

お相手に自分のどんな所を知って貰いたいのかを考えながら書くといいでしょう。
プロフィールカードを見ながら会話をする事になるので、自分の興味がある事や、趣味などは自分でアレンジしながら書くと読んでいる方も楽しくなります。絵が得意であれば、絵なども交えて書くとアットホーム感が出やすくなります。
ただし、料理をした経験がないのにも関わらず、特技に『料理』などとウソを記入することはNGです。
そのままの自分をさらけだしましょう。料理やお裁縫などが出来なくても、そんなあなたを好む方は沢山います。また、お見合い・婚活バスツアーに関連させて、旅行が好きな方であれば「付き合ったら○○へ一緒に行きたいですね」など書くと、アクティブで元気な方と好感も上がります。
お付き合いをしたら楽しそうだなと思わせるような書き方は特にオススメです。

プロフィールカードだけで判断しないように!

プロフィールカードは単なる自己紹介にすぎません。
そこから何を話そうかと考えて会話をしていくのです。プロフィールカードだけで判断してしまい「自分には合わないかも」などとは考えず、実際にお話を聞いてみましょう。
フィーリングは合うのに、プロフィールカードに書いてある年収や趣味だけで判断し「自分の条件とは違う」と考えてしまうとせっかくの出会いも台無しです。フィーリングが合う方というのは恋愛にも結婚にも長く付き合っていくのにかかせない部分です。
少しでもいいなと感じたら、プロフィールカードだけではないお相手のイイ部分をたくさん見つけるようにしましょう。

印象深く覚えてもらうコツとは

お見合いバスツアーでは20~30人の方々とお話しをします。
その時に、覚えてもらえなかったら次がありません。話ベタだと自分で感じる方はプロフィールカードを人とは異なった書き方をするといいでしょう。普通に書くだけでは中々お相手の記憶には残りません。
もうひとつは、自身のキャッチコピーをもつこと。
めがねが印象的であれば、『赤めがねをこよなく愛する○○です』等、あとで振り返った時に思いだされやすいです。ちょっとしたアイデアで覚えてもらうコツを掴みましょう。

人とは違ったプロフィールカードで!

通常みなさんが使用する黒ボールペンではなく、青ペンを使用して重要な所は赤ペンで囲んでみるなど工夫は様々です。時間が余ったらイラストを描く、1つ1つの項目にちょっとした一言を付け加える、それだけでも興味を引きます。
「続きは会話で…」など面白みをつけるとその後の会話にも繋がります。楽しく会話出来るようにポイントとして上手に活用していきましょう。

お見合い・婚活バスツアーでは移動時間中にお隣の方と会話も楽しめます。 第一印象はとても大切なので、プロフィールカードを確認しながら「また次も会話したいな」と思って貰えるようにしましょう。書く事が苦手な方は無理に色々書こうとしなくても良いですが、さまざまな会話でお相手をサポートしましょう。ただし、好感を持って貰うために自分が思うよりも大きく書いたり、ウソを書いたりすることは逆効果となりますので気をつけましょう。 ありのままの自分を好きになって貰えるように自分らしくバスツアーを楽しみましょう。